紫陽花(アジサイ)

於 東京白山神社にて(masa)

四国から関東甲信まで一斉に梅雨入りが発表されたのが6月7日。7月下旬の梅雨明けまでの間、目をたのしませてくれるのが紫陽花(あじさい)。雨にぬれた花はひときわ美しい。原産地は日本で、中央の丸いつぶつぶが本来の花。丸いアジサイはヨーロッパで品種改良されたものとか。

花が咲いてからの日数で花色が変わる。また、花色が変化したことで、花の下に埋められた死体を発見するという小説があったが、土の酸度が影響して花色が変化する。色は紫、ピンク、青、白、、たくさんある。

花言葉も多くあるが、よい意味の花言葉を紹介したい。青は辛抱強い愛情、ピンクは元気な女性、白は寛容だとか。また、小さい花の集まりから家族団らん・家族の結びつきという花言葉もある。

千葉県内でも勝浦の花野辺の里や野田の清水公園など名所がある。梅雨の晴れ間をぬってでかけてみてはいかがでしょうか(masa)

Updated: 2017年6月17日 — 10:02 PM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

npojvfc.com © 2016