すいせん(水仙)

 ラッパのような花は春を告げる花ともいわれ「神秘」を花言葉にもつ。野生種は地中海沿岸で、シルクロードを経て中国からきたという。香りがよく、天然香料として用いられ、早春の花として親しまれている。1月13日の誕生花とのことだが、たまたま15日に南房総にある江月水仙ロードみかけたのも何かの縁。球根には毒性があり、家庭菜園などの野菜などの近くには植え込まないよう注意が必要とある。(masa 22.01.15撮影)

Updated: 2022年1月24日 — 2:29 PM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

npojvfc.com © 2016