ほうきぐさ(コキア)

春に種をまき、円錐(えんすい)形に、丸々と茎と葉が茂り、鑑賞期間が長く、同じ形状のまま大きくなる。刈り取って陰干しをして、草ボウキをつくる。世界各地で野生化しているとのこと。 7月ごろにはライトグリーンのやわらかな感触となり、少しずつ紅葉をはじめ、9月下旬には鮮やかに「みはらしの丘」を真っ赤に染め上げるさまもまさに絶景とのこと。8月下旬に 、麓には、ひまわり、百日草も彩りを添える ひたち海浜公園に 行き、グリーンの丘を歩いた。

Updated: 2019年9月1日 — 11:16 AM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

npojvfc.com © 2016