藤 と なんじゃもんじゃ

DSC08617

(撮影;masa)

銚子の妙福寺に行ってきた。750年以上の古木の「紫の花すだれ」。これは 根元が龍が寝ている姿に似ているところから、「臥龍(がりゅう)の藤」と呼ばれているとか。
白い花は、見なれない木というところから「なんじゃもんじゃ」といわれるヒトツバタゴの花。ふわっと雪をかぶったような白い花が風にゆれる様子がかわいくシャッターを押した。(masa 2016.05.05)

DSC08631

(撮影;masa)

DSC08635

(撮影;masa)

Updated: 2016年10月2日 — 7:09 AM

1 Comment

Add a Comment
  1.  銚子の妙福寺に行ってきました。750年以上の古木の「紫の花すだれ」です。
    根元が龍が寝ている姿に似ているところから、「臥龍(がりゅう)の藤」と呼ばれているとか。
     白い花は、見なれない木というところから「なんじゃもんじゃ」といわれるヒトツバタゴの花です。ふわっと雪をかぶったような白い花が風にゆれる様子がかわいくシャッターを押しました。2016.05.05

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

npojvfc.com © 2016