紅白の梅

 日本一梅の開花が早いといわれる熱海梅園の見ごろは1月~2月中旬。美しい紅色の花と真白い花を咲かせ、盆栽(ぼんさい)をはじめ掛け軸(かけじく)や屏風(びょうぶ)に描かれ、縁起(えんぎ)のよいものとして、親しまれてきた。

とりあわせの良いことのたとえとして「梅にうぐいす」という言葉がある。うぐいすの別名を「春告鳥」といい、初鳴き日が春の訪れ(おとずれ)をつげる指標(しひょう)になっているとか。さしづめ、香りが楽しめる梅が春を告げる花ということだろう。

寒いこの時期、赤い椿(つばき)の花も楽しめ、ヒガン桜も満開になり、いよいよ次に登場するは、真打(しんうち)「花の女王さくら」となる。日本の山野があわいピンク色に染まるのももう少し。(masa)

 

Updated: 2018年2月23日 — 4:45 PM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

npojvfc.com © 2016